夫の不倫について 発覚半年後頃〜終わり

[夫の不倫]夫の自殺未遂(3回目)

更新日:

X美への慰謝料請求を進めている間、夫とX美が連絡をとっていたかどうかはわかりません。ただ、夫が慰謝料請求について私をしつこく責めるということはありませんでした。一方私が把握していたことは、X美が夫のいる職場を辞めたこと、その一週間後には新しい彼氏ができたということでした。前者はX美の弁護士からの回答にも書かれており、後者はX美のSNSからの情報です。その間、私と夫との関係はそれまでと大きくは変わらず、子どもたちの前では普通に振る舞う父親と母親を繕っていました。お互い夫婦としてはもう無理であろうという感情はありましたが、区切りと定めていた二男の受験・進学が終わるまでは無駄に波風立てぬよう家族として過ごすように努めていました。夫の不倫発覚から7ヶ月。それまで16年続いた穏やかな結婚生活はなんだったのだろうかと思うほど、私たちの関係は変わってしまいました。

そんなある日。朝起きてきた夫の様子がおかしい。コップに注いでいるジュースがあふれているのに注ぎ続けている。「あふれてるよ!!」と言うも『ああ...?うん...』と薄い反応しか返ってきません。(...またOD(過量服薬)やったな)とわかりました。その前日にはかかりつけのメンタルクリニックへ定期診察に行ったのに何をやっているのか...。しかも夫はこのあと仕事なのに足どりもフラフラで、どう考えても出勤できるような状態ではありません。取り急ぎ不倫の件でもお世話になった夫の上司へ私が電話して状況を説明し遅刻することを謝罪。上司の方は『出勤が難しいようでしたら今日はお休みして大丈夫ですよ』と言ってくださいました。いったん電話を切りましたが、しばらくたってから夫に話しかけても朦朧としており会話にならないためこの日は休ませていただくことにしました。

子どもたちが登校後に起きた出来事なので、子どもたちはこのことを知りません。また、私が自宅で仕事をしていたのでこのような対応を日中できましたが、そうでなかったら夫は無断欠勤することになっていたのでしょうか?夫の心情はわかりませんが、振り返ると(私だけに当てつけるようにODしたのでは?)と邪推してしまいます。

しかし、私のこんな気苦労を夫は知る由もなく。夫のODはこれが最後ではありませんでした。

このカテゴリー

-夫の不倫について, 発覚半年後頃〜終わり
-, , ,

Copyright© 熱しやすく冷めやすい , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.